*

結婚式の話(服とか靴とか感じたコトとか)

公開日: : ココロの話, ファッション

先日、元バイト先のイケメン店長の結婚式二次会に行ってきました。

P2500818.JPG

結婚式(二次会)に参加するのはひさしぶり。

今回、受付も頼まれたのでそそうのないように注意したんだけど、
結婚式の受付を頼まれるっていうのもなかなかない体験なので、すごく良かったです!

P2500823.JPG

場所は、実は別の友達もここで二次会をした、タブローズラウンジ
二次会では定番の場所らしく、人気も高いところ。

わたしが購入したドレスはこちらのエメラルドグリーン。
ドレスは受付用に、他人に警戒心を与えないカラーのグリーンを選択しました。
(カラー心理学では、グリーンは警戒心を与えない色として有名です)

P2500804.JPG
 ヴェリココ

icon
で、靴はマルイのヴェリココを購入。
疲れない結婚式用の靴といったらヴェリココしか思いつきませんでした…。

P2500809.JPG

人の幸せオーラというのはやっぱりパワーをくれて、
何よりすごく信頼している方の結婚式というのは感動もひとしお。

新郎と出会ったのは当時かけもちバイトをやっていた頃で、
わたしは本職と同時に副業として朝7時から働いていました。

そのバイトを辞めてからもう6年ぐらい経つけれど、
そのときのメンバーは年に2回ほど必ず集まる仲。

わたしはすごく集団行動が苦手で仲間もなかなかできないのだけれど、
こうしていつも仲間に入れてもらえてすごく嬉しく思っています。

新郎はまさに「陽の気」の持ち主で、太陽のような人。
いるだけでみんなを明るい気持ちにさせる人ってなかなかいないですよね。

こういう人がまさに天性のリーダーなんだなぁって当時から思っていたけど、
やっぱりいつまでもその光は失われないんですよね。

失われない光というのはその人のまさに「本当の長所」
新郎は店長を辞めてから別の仕事に就きましたが、
サラリーマンの毒に侵されることもなく、輝きを持ち続けていました。

P2500818.JPG

来年、起業するという新郎。
そのときにわたしも何か絶対お手伝いしようと心に決めました。

光のある人、光を持っている人のそばにいると元気になれる。
わたしもいつか光を持てる人間になりたいなぁと思った、結婚式でした。

スポンサーリンク

関連記事

ファンとアーティストの関係

わたしは、20歳の頃からGACKTが大好きで、もう15年になります。 飽き性のわたしが

記事を読む

オーラのある人

わたしには、10代後半からとても大事にしている、ともだちがいる。 彼女はいつもキレイだ。何がキレイ

記事を読む

正義の話

こどものころから、わたしは道理が通っていないことがすごくキライだった。 オトナ

記事を読む

eye02

音楽が私のココロを打つ

こっそりここを更新しているわたしですが、こんなマニアックな場所を読んでくれてる方、ありがとう。(いる

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
eye02
音楽が私のココロを打つ

こっそりここを更新しているわたしですが、こんなマニアックな場所を読んで

ファンとアーティストの関係

わたしは、20歳の頃からGACKTが大好きで、もう15年になります。

個人で生きていくタイプの人と集団で生きていくタイプの人

わたしは、集団の中では生きていけないタイプです。 分かっていたのだけ

オーラのある人

わたしには、10代後半からとても大事にしている、ともだちがいる。 彼

正義の話

こどものころから、わたしは道理が通っていないことがすごくキライだった。

→もっと見る


  • SYO
    青山のIT企業で働いていた36歳、2013年4月、OL辞めました。世界のコスメからという世界のコスメを紹介する、コスメブログの管理人をしています。

    このブログは、OLを辞めたコスメブログ管理人のSYOが、新しい生き方を模索していくサイトです。

    このサイトは本サイトの別館になります。

    広告掲載・レビュー依頼のご連絡はメールフォームよりお願いします。
PAGE TOP ↑