*

音楽が私のココロを打つ

公開日: : 最終更新日:2013/11/04 ココロの話

こっそりここを更新しているわたしですが、こんなマニアックな場所を読んでくれてる方、ありがとう。(いるのかな?)

えー、そんなマニアックなわたしについてきてくれている、ごく少数のあなたにわたしのホントの気持ちを教えます。

コレ、書いてもいいのかなぁ? と思いながらずっと書けなかったんだけど、じつはわたし、今、強烈なスランプに陥っています。

何のスランプかって本サイトのコスメブログの方なんだけど、あれ? 更新減ってない? あれ? 最近SYOさん変じゃない? って気づいた人は気づいたのかも。

そうです。スランプです。ごめんなさい。

別にコスメがキライになったわけじゃないの。むしろおしゃれは好きだし。ただ、最近コスメブログにとっても疑問を持ち始めてしまったのです。わたしは嘘が嫌いで嘘をつかないことだけを信条にしているんだけど、最近、似たようなコスメブログっていっぱい出てきてるじゃないですか。

いやコスメブログ自体は昔から多くてそれは別にいいんだけどね。最近特に増えているのが「乾燥肌30代の○○コスメブログ」みたいなの。

いいんですそれは本当にそうならいいんです。でもそうじゃない人もいることも知っているので、なんかこのままでは読者のみんなに私が嘘をついているような気がしてきてしまい突然スランプに陥ってしまったのです。

わたしは、やっぱり、みんなに嘘つきたくないの。

それに、スムとミューノアージュっていう2大運命コスメに出会ってしまったおかげで本当にジプシー終了しちゃったのもある。
わたしのコスメとの旅はそろそろエンディングを迎えているんじゃないのかな? とかね。今肌の調子すっごいいいもの。花粉症も乗り切った感があるし。

あれ? そういえばタイトルの音楽は? って思った人もいるとおもうんだけど、そう、今日の議題は音楽。

人間、そうやって悩んでいると感度が高くなって何かへの興味がどんどん上がってくることが多いとおもうんだけど、わたしが特に悩んだり躓いたりしたときに感度が高くなるのは音楽。

音楽を聞くといろんな気持ちがシンクロしたり癒されたり励まされたり、音の力ってすごい。
もちろん音じゃなくて文章からそれを感じる人もいると思うけどわたしは圧倒的に耳から伝わるものが多い人間。

スランプになって、どうしようか迷うわけですよ。

待っててくれてる人もいるし、見ていてくれている人もいる。でも嘘をつきたくない。わたしの届けたいものってなんだっけ? わたしがみんなに伝えたいことってなんだっけ? これでいいの? おいSYOこれでいいの? ってずっと自問自答だよね。

きっとわたしが子どものころから届けたいことってずっと変わってなくて、わたしが昔すごくデブでメガネでブスでいじめられっ子だったときからおしゃれに目覚めてすこしずつ人生が変わったときからきっとずっと変わってなくて、そうだよずっと変わってないんだよねホントは。

今自分に自信がなかったり自己嫌悪だったり人に好かれないなーと思ってる人とか自分のこと好きじゃないなーって思ってる人とかそういう人がわたしの発信した何かで何かがかわるきっかけになってくれたら嬉しいなって。それが過去の自分を癒すことであり完全な自己満足だって分かっているんだけどわたしのココロの中からは私の存在が誰かの役に立ってくれたら本当に嬉しいなってそんなことばっかり考えているわけです。

そんなことばかり考えていたら、坂本真綾ちゃんのTune the Rainbowの歌詞の中の一節で、『丘の上で見渡す世界は 今日も愛で溢れているはずなのに 迷い生きる僕らは気づかず やさしい愛の歌さえ届かない』っていう歌詞がすごく頭に残ってああこれは今のわたしに必要なメッセージなんだなって思ったわけです。

歌ってすごくて、歌詞と曲が一体になってココロに入り込んでくる時と歌詞と曲がバラバラだけどココロに入り込んでくる時とあるんだけど、坂本真綾ちゃんの歌は曲が感情を打って歌詞が頭をはっとさせてくれる感じ。そうやってわたしと音楽は切っても切れない関係だけど、もし音楽好きの人がいて、悩んだり躓いたりしたときに昔の好きだった音楽をもう一度聴いてみるといいかもしれませんよ。新しい気づきがあるかもしれない。

悩みながらわたしも生きてるけど本当はみんなの愛に支えられてるはずなんだよね。だってこうしてここを見に来てくれている人もいるんだもんね。

いつもありがとう。ちゃんとした答えを見つけるまで足掻いてみます!

 

スポンサーリンク

関連記事

ファンとアーティストの関係

わたしは、20歳の頃からGACKTが大好きで、もう15年になります。 飽き性のわたしが

記事を読む

オーラのある人

わたしには、10代後半からとても大事にしている、ともだちがいる。 彼女はいつもキレイだ。何がキレイ

記事を読む

結婚式の話(服とか靴とか感じたコトとか)

先日、元バイト先のイケメン店長の結婚式二次会に行ってきました。 結婚式(二次会

記事を読む

正義の話

こどものころから、わたしは道理が通っていないことがすごくキライだった。 オトナ

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
eye02
音楽が私のココロを打つ

こっそりここを更新しているわたしですが、こんなマニアックな場所を読んで

ファンとアーティストの関係

わたしは、20歳の頃からGACKTが大好きで、もう15年になります。

個人で生きていくタイプの人と集団で生きていくタイプの人

わたしは、集団の中では生きていけないタイプです。 分かっていたのだけ

オーラのある人

わたしには、10代後半からとても大事にしている、ともだちがいる。 彼

正義の話

こどものころから、わたしは道理が通っていないことがすごくキライだった。

→もっと見る


  • SYO
    青山のIT企業で働いていた36歳、2013年4月、OL辞めました。世界のコスメからという世界のコスメを紹介する、コスメブログの管理人をしています。

    このブログは、OLを辞めたコスメブログ管理人のSYOが、新しい生き方を模索していくサイトです。

    このサイトは本サイトの別館になります。

    広告掲載・レビュー依頼のご連絡はメールフォームよりお願いします。
PAGE TOP ↑